« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006.09.20

備忘録

※これは自分用に書き留めるメモです。よって他人はもとより自分でも数ヵ月後に読むと意味不明の可能性があります。スルーしてください。

奥行きについて。頬の厚みがありすぎ、唇が前に出すぎ。猿のようだ。これを削るのに時間がかかった。この作業を短縮するため、あまり活用出来ていない側面図を活用する事を考える。一手間かかるが、急がば回れ。

  1. 側面図の目の頂点~耳たぶの後ろまでの長さを測る(=A)
  2. Aの長さから埋める眼球の高さ(=B)を引いた値が土台(芯材)の高さとなる。
  3. 土台に正面図を置き、輪郭をカット。
  4. 眼球をセット。
  5. 側面図の目の頂点からBの長さ分をカット。
  6. カットした側面図を土台にセット。
  7. 側面図に沿って粘土を盛る。鼻と口の位置が正確に出せるように。

次回Ver3はこれを試そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.15

製作開始!

季節も秋ってことでVer.2の製作に入りました。モデルはかなりメジャーな子ですが、似せる自信ゼロなんで名前は伏せておきます(汗

前作ではまぶたの形がどうもおかしいと思ったんですが、その原因が分かりました。眼球を収める位置を少しずつずらしながら試行錯誤して、良い感じの位置を発見。よしよし、一つクリア。この瞬間がアハ体験!て感じでたまりません。

てなわけで製作快調~!(今のところは)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.09.03

U子マスク

Img_0690_1 Img_0693_1

Img_0699_1 Img_0703_1   

入手しました。

一部で言われてるように表情は少し硬い。もう少し良いテイク取れなかったのかな。でもむしろプリントの制御の問題かな、少しずれてる。あとバキュームフォーム成型のエッジの甘さが目元などに現れてます。まあこれは仕方がないところでしょう。

とはいえ、さすがに本人からスキャンしただけあって全体的にリアルで参考になります。

で、マスカーとしては当然「これは被れるのか?」というのが正しい思考でしょうが、かなり小さいのでこのままではムリですね。

型取り複製しても大きさを拡大する方法を私は知らないので、マスクに流用は難しいでしょう。ちょっとした練習用に粘土で型取りくらいはするかも。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »