« 復帰 | トップページ | ハーフミラー »

2007.02.13

やりますか

やっと体力・気力も平常値に戻った感があり、ぼちぼちと製作作業を再開しました。

いま試しているのは、資料写真と原型を見比べる際に、ハーフミラーを介してオーバーレイのように重ね合わせるというのをやってます。まあ言ってみればタカラトミーの「スララ」方式になるんでしょうか。もちろん平面物→立体物なんで絵をトレースするみたいにそのまま実用に耐えうるか微妙な感じですが・・・ちょっとした目安としては使えるかも?と言う感じでやってみています。

|

« 復帰 | トップページ | ハーフミラー »

コメント

おぉ~(^-^) やりますかー。

投稿: 片瀬理奈 | 2007.02.14 21:58

 昔、学研の「科学」でハーフミラーを使った手書き(!)のコピー機(?)がありましたが、立体ではどうか気になるところです。
 私はそういえば実際の立体をモデルにしたことがありません。写真から立体を再生する難しさをあえて楽しんでいる気がします(笑。

投稿: 水野優 | 2007.02.15 11:32

原型の写真を撮って、フォトショなどで資料写真と重ねるのはちょこちょこやってましたが、写真を撮る時の距離によって画角が変わってしまうので、完全に一致させるのは無理なんじゃないかと今では思うわけです。それと同じ事がこのハーフミラー方式にも言えるんじゃないかと。

どちらの方法でも参考程度にしかならないとするなら、ハーフミラーの方が遥かに手間はかからないんじゃないかという考えが発端です。

有名人のそっくり人形を作る人たちはどういう手法でやっているんだろう・・・センスか経験かツールか?

投稿: ミーム | 2007.02.16 00:11

 先日はお疲れ様でした。愛想なしで申し訳ありません。
 ハーフミラーの話をするのを忘れてましたが、実際に使うところを見ないとピンと来ない気もします。

投稿: 水野優 | 2007.02.25 23:37

先日はドレスを貸していただいたりとお世話になりました。ハーフミラーについて次の記事で記述したのでご覧ください。

投稿: ミーム | 2007.02.26 11:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やりますか:

« 復帰 | トップページ | ハーフミラー »