« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007.05.27

人体計測サイズデータ

眼球の大きさデータの調査ついでに、身体各部位のサイズも調べてみた。

http://life8.2ch.net/test/read.cgi/body/1179915852/-100

http://www.dh.aist.go.jp/bodyDB/s/index.html

これらは造型における参考にもなるだろうし、マスク装着の際の不特定多数のユーザーを想定して大きさを調整する場合の参考にもなるだろう。今のところユーザーは自分しか想定して無いけど。

で、眼球のサイズを再考した結果、どうも35mmでもOKなようだ。
成人の眼球サイズは全頭高×0.1ほど。10才程度なら全頭高×0.12といったところか。
その計算で行くと、33mm程度がたぶんベストなんだけど、適当な型になりそうな球体が無さそうなんでもう35mmでいいや(ぉ

他の部分のクオリティを上げることに労力を注ぎたいので眼球はとりあえずこれでケテーイ

| | コメント (3)

2007.05.23

眼球の大きさ

TVネタで、成人の眼球の大きさは体の大きさなどと無関係で、ほぼ皆24mmであるらしい、という話を水野優さんからの情報で知った。

なるほどと思い、ちょっと調べてみた。

出生時の眼球の長さは、16mmから17mmであるのに対して、1歳から2歳で21mmとなり、その後徐々に成長して小学校の高学年くらいで24mmに達する。一方、強度の近視の方の眼球の長さは30mmにもなる。どちらかというと日本人は(遺伝的に?)24mmを超えて大きくなる傾向がある。また角膜は直径約12mmで厚みは約1mm。

・・・といった感じらしい。

近視の30mmは奥行きの長さが伸びるということだと思うけど、直径全体が大きくなることもあるいは・・・2~3mm程度は・・・起こりえるんじゃないだろうか。勝手な推測ですが。浜崎あゆみは眼球の大きさをMRI測定してプロフィールに載せるべきです。

そんなこんなで、製作中の原型の眼球についても大きさの再検討をしようと思います。

| | コメント (4)

2007.05.13

ハーフミラー2.0

ハーフミラーの使用法その2。

左右のシンメトリーが揃っているかを確認する方法として画像を左右反転してみるというのがありますが、いちいち写真にとってPCに転送して・・・というのも面倒なものです。というか面倒になった。

そこでハーフミラーを使えば左右反転像が見れると。ハーフミラーの裏側にグリッド線を印刷した紙を置けば、おぉ!ほとんどフォトショみたい(本当か

前回の顔写真をレイヤー化する方法は実用度は「?」でしたが、これは使えそう。

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »